作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

さよならは言えない

「今度いつパパと会えるの?」
潤んだ小さな瞳は
泣き出してしまいそうで
小声で僕に尋ねる


ひと月も会わないうちに
お前の背 少し伸びたね
夕闇にともる灯りに
せかされて急ぐ


 地下鉄の駅で彼女は
 僕たちの帰りを待ってた
 彼女とはもうこの先
 逢わないと決めていたのに


 振り返るお前の右手が
 バイバイと揺れているから
 追いかけて 抱きしめられたら
 どんなに幸せ


  もう二度と会えないことを
  今もお前は知らない
  新しい家族と暮らして
  僕のこと忘れて
  僕のこと忘れて




*今年(2017年)の1月い書いたもの。離婚した後にパパが子供に会う時の、切なさを感じていただけたら。


歌詞にはまだ曲がありません。
作曲者の方、大募集中!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。