作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

Hardest Word

ひび割れた鏡を
見るたびに思うわ
あの夜のいらだちと
投げつけた言葉を


とめどなく流れる
頬伝う涙で
何もかも見えなくて
ただ叫び続けた


すれ違い見失っていた
二人の夢
今どこへ向かっているのか
二人が歩いてきた道のり



ひび割れた鏡を
見るたびに悔しい
あの夜のいさかいと
投げつけた言葉が


すれ違い広がっていた
二人の距離
今なにもなすすべもなくて
二人は別の道を選んだ



とめどなく流れる
頬伝う涙で
何もかも見えなくて
ただ叫び
ただ叫び
ただ叫び続けた


Blue Featuring Elton John - Sorry Seems To Be The Hardest Word


*2017年10月1日作詞
もう一作品、暗い別れの歌を。
元歌はElton Johnの「Sorry Seems To Be The Hardest Word」。
ボーイズグループの「Blue」のカバー曲を聞きながら。これも訳詞ではありません。
日本での曲名は「悲しみのバラード」。元歌はフラれた男の未練がましい歌、って言いすぎかな。私のほうは女性目線。忙しさのあまりすれ違っていく男と女。そしてついに喧嘩。罵りあう二人に彼が投げつけたグラスが鏡に当たって・・・なんていう妄想。
まあ、元歌を聞いてみてくださいな。
良かったら、ぽちっとお願いします。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。