作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

「紙一重」曲がつきました(^^♪


紙一重


好きと嫌いは紙一重
ただ何気ない一言が
水面に石を投げ込む
広がる波紋止まらない
ついに気持ちは裏返る
好きと嫌いが裏返る


好きが嫌いになる時は
かなりダメージ受けるけど
嫌いが好きになる時は
ハッピーになる不思議よね


好きと嫌いは紙一重
冷めた気持ちは戻らない
好きと嫌いは紙一重
意外な一面灯をともす



愛と憎しみ紙一重
深く愛した反動が
強い憎悪に変わる時
人はなす術を知らない
不意の言葉で綻んで
愛はたやすく破られる


憎い気持ちが芽生えると
たとえどんなに足掻いても
元に戻りはしないもの
後は別れがお待ちかね


愛と憎しみ紙一重
冷めた心はどん底で
別れた後でも糸を引く
忘れてしまえば終わるのに



愛と憎しみ紙一重
でもね希望が一つだけ
好きに変われる出来事が
あったら全てが裏返る


オセロのように
黒から白へと
裏返る



この歌詞に曲が付きました。

紙一重



作曲はClaraさん。


彼女のブログはこちら。



ありがとうございます。


とても落ち着いた素敵な曲になりました。

(画像はお借りしました)*kuzunoha
(葛の葉:葛(くず)の葉は表が緑、裏は白で秋風に吹かれると裏の白さが印象的な、秋の七草。うらみの葛の葉と言われ、恨みと裏見とをかけて昔から、歌に詠まれています)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。