作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

「マーリー/世界一おバカな犬が教えてくれたこと」

DVD「マーリー・世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
借りてきて観ました。
2009年3月日本公開と言うから、もう9年。
この映画は知っていましたが、見ることはなかったので、借りてきました。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと (Marley And Me)


そうですね、淡々とした物語。楽しい、そして、ついホロリとする、いい映画でしたよ。
どうして見なかったのでしょう、今まで。
他の映画に気を取られていたのでしょうね。
映画の中にも出てくる新聞のコラム。それをまとめて出したエッセイ本が、原作。
タイトルも同じ「マーリー・世界一おバカな犬が教えてくれたこと」
映画の主人公の名前も「グローガン」。原作者も同じ。
エッセイに忠実に作られた映画なのだと思います。
面白おかしい犬の映画なのだと思っていましたが、ところがどっこい、犬の一生を通して飼い主の仕事や、生活や子育てやらに、犬のマーリーが溶け込んで、幸せでした、という物語。いかにもアメリカの映画。でも、押しつけがましいところがなくて、良かったですね。詳しくはこちら。

「マーリー2」続編もあるそうなので、又見なくっちゃ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。