作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

「招待状」

卒業してから2年目の春
ようやく仕事もうまくこなせる


疲れて帰る一人の部屋は
散らかったままの寝るだけの場所


こんな部屋にも手紙は届く
ダイレクトメールや請求書


捨てるつもりの手紙の中に
紛れ込んでいた白い封筒


裏にかかれた差出人は
あの懐かしい君の名前



あの春の日の駅で別れてから
会えないままで2年が過ぎた


筆文字の宛名に胸が騒いだ
結婚式の招待状


6月に君が結婚するって
想いを断ち切るナイフの様さ


君の幸せ祝うことは
なぜか僕の心を切なくさせる



 結婚式には
 行けるはずもないから
 遠いこの街できみのこと
 思って生きてゆく 



招待状が光ってるナイフの様に
僕のこの想い断ち切るために


君の幸せ祈るには僕はまだ
せつなすぎて苦しくて若すぎる
せつなすぎて悲しくて若すぎる


*2018年4月11日作詞

「花吹雪舞う、最後の春に」
この曲の続編です。2年後に届いた手紙は、淡い青春の日々への決別。


よろしければ、ぽちっとしてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。