作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

Over and Over Again

夜明け前の 薄紫
空の色が 変わる時刻
オレンジ色 染まりはじめ
街は目覚め 街は動く


いつも いつの日も
何も 変わらずに
闇の 深さにも
負けぬ 暁よ


幸せも 同じように
絶望の 迷宮から
抜け出して 見える希望
湧き起る 歓喜の歌


いつも いつの日も
人は そうやって
暮らし 生きてきた
まるで 川のように



日が落ちると 茜雲も
夜の帳 包み込んで
長い夜が 心濡らす
灯りともり やがて消える


いつも いつの日も
憂さを 晴らすため
酒を 酌み交わし
眠り 夢を見る


幸せと 不幸せを
繰り返し 繰り返して
やり切れぬ 思い砕き
涙拭き 笑い飛ばす


いつも いつの日も
人は そうやって
暮らし 生き抜いた
まるで 波のように



*2017年10月24日作詞
本来の歌詞を投稿します。
ELTの曲に「Over and Over」と言う曲があります。パクったわけではありませんが、タイトルがどうしても思いつかなくて。
日本語にすると「繰り返し繰り返して」という感じでしょうか。
曲名は本当に難しい。その詞の顔ですものね。
似たような曲名になってしまう。記憶のどこかに「どこかで聞いた曲」があるのでしょうね。
ELTの曲も素敵でしたね。持田さんのはっきりした歌い方、遠くまで突き抜けるような声が好きです。(途中歌い方が変わって、変な歌い方になったけれど最近はまた元に戻ったみたいね)
作曲してくれる方、大募集中。
次回は「北海道弁講座」の予定。
よろしければぽちっとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。