作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

「長沼町」<北海道・地名散歩>

今回は札幌近郊の長沼町のご紹介をしたいと思います。 空知郡長沼町。札幌から1時間弱。石狩平野の東側。田園風景が広がる農業の町です。 名前の由来はアイヌ語「タンネ・トー」から付きました。訳すると「長い・沼」です。 かつて旧夕張川の川筋が二つに分かれ大きな沼になっていました。「タンネ・トー」と「ラウン・トー」長い沼と深い沼の二つです。松浦武四郎(江戸末期、北海道を探検し、北海道の名付け親として知られ…

「ぴょん」

おばあちゃん(義母)が山菜を採りに行ってきましたよ。 北海道では一番最初に出てくる山菜。 「ぴょん」 「あずきな」と言うそうです。正式には「雪笹」とか。 これ。 こんなにたくさん。 お浸しにして、鰹節をかけて、「めんみ」をかけていただきます。 「あずきな」と言う名前のように、小豆の風味がしてほんのりと甘い、山菜です。 もちろんよく洗って調理します。エキノコックスが怖いので。 雪がとけてほかの植物…

樋口了一「手紙~親愛なる子供たちへ」

すでに知っている方も多いでしょうが、樋口了一さんの「手紙~親愛なる子供たち」という曲があります。 年老いてゆく自分。老いて子どもに帰ってしまう自分。 その時、子供たちは自分にどんな態度で接してくれるでしょうか。 もう、目の前にその現実が迫ってきているように感じます。 この曲の、この詞に、揺れ動く自分がいます。 辛くて、最後まで聞くことができませんでしたが。 意を決して、今回最後まで聞きました。 …

たんぽぽ

本州はもう、タンポポが咲いているでしょうか。北海道はまだ咲いていませんね、5月になれば、ようやく咲きはじめます。  じーちゃん先生のブログ「タンポポの観察」から思いつきました。 いつもなら、歌詞がここにあるはずなのですが、今回は全く歌詞が出てこないので、「タンポポ」で思いつくことをとりとめなく書いてみます。  歌詞も書いてみましたが、どれも童謡のようなものばかりになってしまいます。 「タンポポ」…

北見といえば「はっか豆」

リンとミィーのママさんのブログ。 北海道物産展!その中の画像に 「北見のハッカ飴」 まあ、懐かしい。 すみません、勝手にリブログしてしまいました。<m(__)m> 「ハッカ飴」も好きですが「はっか豆」もおいしいのです。 豆だけに「豆知識」を。(笑) 北見地方のハッカの生産は大正時代から急速に高まっていったそうです。 昭和の初めには世界の75%を占めるまでに。ハッカ成金となる人まで現れたそうです。…