作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

風知草

冷たい北風吹き抜ける
道をあなたと二人歩く


「出会いの時に戻りたい」と
あなたは呟いてため息


「過ごした時間が大切よ」
私の言葉に押し黙る


どうして心は移ろうの
どうして時はとどまらない?


「もう一度やり直したい」と
心にもないことを言うのね


二度と会えないなら泣かせて
涙が溢れて止まらない


ただ前だけを向いて歩く
「さよなら」が風に消えてゆく



風が吹きぬけるこの道に
揺れる草の葉が悲しげね


こんなふうに風に任せて
いきてゆけばどんなにいいか


「嫌いになったわけじゃない」と
あなたの言い訳見苦しい


最後もあなたは自分だけ
別れに酔っているみたいだわ


「またどこかで逢えるだろうか」
裏切ったのはあなたのほうよ


二度と会えないなら泣かせて
後ろは二度と振り向かない


ただ前だけを向いて歩く
「さよなら」が風に消えてゆく

*2018年3月 作詞
散文詩になりました。
字数はそろえたつもりですが、曲にするとラップのようになりそうです。


大人の「別れ」の歌です。
弱いくせに強がって見せる。悲劇のヒロインに酔っているのは自分かもしれない。
人の心は複雑。ましてや「別れ」の時には。
よろしければぽちっとお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。