作詞家になりたくて

歌になりたがっている詞があります。 
言葉たちが一瞬でも輝やいてくれますように!

Grassland<グラスランド>

朝霧のベールが晴れるころ
見渡す限りの草の海
一面の緑の王国に
光は微笑み 風は歌う


牧草は<牧草は>真っ直ぐに<空を向き> 
鮮やかに<生き生きと>伸びてゆく<伸びてゆく>


草にも命があるならば
命を牛たちは食べるのです
牛のミルクは僕たちの
命の糧になるのです


緑は広がり 命となって
人の命へと 受け継ぐのです



夕空が茜に染まるころ
白樺並木の帰り道
干し草の気持ちのいい香り
お帰りなさいと雲が笑う


牧草は<牧草は>刈り取られ<集められ> 
牛たちの<大好きな>餌になる<餌になる>


牛にも命があるけれど
僕らは牛たちを食べるのです
草の恵みは僕たちの
命の糧になるのです


命はつながり 輪廻となって
時の彼方へと 受け継ぐのです

*2017年5月作詞。
北海道の牧場風景をイメージして作りました。合唱曲風?にしたのですが、う~ん、イマイチ。少年少女合唱曲を目指したのですが・・・
「うたまっぷ」のテーマ詞投稿用に作りました。お題は「グリーン」でした。
グリーンのイメージは、やはり草、木でしょうね。草といえば牧草です。
牧草地って英語ではなんていうのかしらと辞書を繙くと「グラスランド」。


作曲者の方、大・大募集中!
ランキングに参加中です。よろしければぽちっとお願いします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。